FC2ブログ

シアワセ☆のしずく

毎日のできごとから小さなシアワセをみつけて前向きな気持ちになれますよ~に♪ 日々成長する我が息子のこと、だんなサマのこと、仕事のこと、将来の目標… 忘れないように、怠けないよう…自分のための確認作業

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年11月

レインボウマフラー

開校記念事業のひとつ、講演会がありました
うちの学校はこういうのは研修部の仕事です

仕事といっても、あたしは今回は担当学年ではないので
当日行って、会場設営のお手伝いをするくらい
子供たちや一般参加のママたちと映画を見て講演を聴いてきました

今回お話をしてくれたのは

『てんつくマン』さん

元吉本の芸人さんで、山崎邦正さんとお笑いコンビを組んでた方
映画製作がしたいと会社を辞めたそう
路上詩人で、顔を見てインスピレーションで
色紙にメッセージを書いてくれたりします


天国はいくところではなく、つくるもの…だからてんつくマンアップロードファイル

今は、地球環境や海外支援などにも
熱心に取り組んでいてその様子を紹介した

『107+1~天国はつくるもの~』 を、まずは鑑賞

いきなり、出産のシーンからはじまって…
体育館に大音響の呼吸法 ちょっと、ドギマギアップロードファイル

でも、やっぱり自分も経験していることなので
最初からウルウルスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

映画の中では、3つの活動が紹介されているんだけど
特に、印象に残っているのが

『レインボウ マフラー』 の活動rainbow

まず『虹』という言葉に、ピクンと反応アップロードファイル

22、3歳?ぐらいの女の子が、アフガニスタンの現状を知って『じぶんにできること』を考え
虹色のマフラーを編んで届けるというもの

アフガニスタンは、大国の侵攻や内紛で国を追われたり
大干ばつや地震などの天災にも見舞われる悲しい歴史を繰り返している国です
不発弾や地雷で命を落とす人もいるし、
食料不足や水不足、
汚い水のせいで、腸チフスで亡くなる方も後をたたないそう

勝手に暑い国の印象をもっていたけど
夏は40度を越えるのに、冬はかなり寒くなり
寒さで亡くなる子供もたくさんいるんだそうです

そんな子供たちに使ってもらいたい!!!って
彼女が考えたのが

『レインボウ マフラーrainbow

口癖が『え~~っアップロードファイル』で、人前で話すことが全く苦手な彼女が
てんつくマンさんの後押しで
このキモチに賛同してくれる人を募り
彼女の元に、色とりどりのマフラーが届くようになります

人が少しづつ動き始めて、小さな子供から
おばあちゃんはもちろん、おじいちゃんまで…
たくさんの人が楽しそうにマフラーを編んでる様子を紹介

『この活動にも感動したけど
 彼女に協力したくてしている』
という女性の言葉が印象的でした芽

人が人を動かし始めた音が聞こえるようなアップロードファイル

全国各地から集まった虹色のマフラーは
1.5キロを超え 目標の1キロをクリア

このマフラーを持って、てんつくマンさんをはじめ代表の方が
アフガニスタンに飛びました

そして、このマフラーは
ある難民キャンプが選ばれて持っていくんだけど…
ここで、日本では考えられないような事態になってしまいます

てんつくマンさんサイドとしては
まずは、子供たちを集めて長~い列を作ってもらい
日本から持参したマフラーを掲げてもらって空中から撮影

アフガニスタンにかかる虹rainbow …みたいな展開が予定されていたんだと思います
あたしもそう思ってみてました

ところが…
最初は言うとおりに並んでいた子供たちが
自分の取り分を主張して、小さな衝突が起こり
それがどんどん伝染して
きれいな虹色のマフラーをみんなが奪い合う、
それはそれは悲しい映像でした

当然、撮影は中止
キャンプの代表の方には
『もう2度とこないでくれ!!今度見たら石をぶつけられるぞ!!』って

はぁ~~、コレが現実なんだなぁって

『生きるか死ぬかで、生き残ってきた人ばかりなんです』という
現地コーディネーターの方

てんつくマンさんもこれにはかなり落ち込んでました
準備してたマフラーも、争って持っていかれてしまって
数も減ってしまってる
結局、手に入れた人とそうでない人
マフラーもって行かなければなかった争い

もうやめたほうがいいという意見もあったけど
このままだと諍いをおこしただけでおわってしまう
みんなの気持ちも伝わらない…と
もういちどキャンプに行かせて欲しいと懇願

キャンプの代表の人と話す機会をようやくもらい
みんなの分のマフラーはちゃんとあるから、一度マフラーを戻して欲しい
その話をみんなを集めてさせて欲しいと提案
キャンプの代表の方は、何度も裏切られてきたから
そんなことをしても無駄だといったけど
最後はてんつくマンさんの熱に負けたかたちになりました

子供たちを前に、熱心にキモチを伝えるてんつくマンさん

何度も繰り返しあやまって、何度も信じて欲しいといってました

最終的にはこの気持ちが伝わったって
長かったマフラーはみんなの数に足りるよう
離して編みなおして…

きれいな虹色のマフラーをした
たくさんのうれしそうな笑顔の子供たちアップロードファイル

この映像は5年ぐらい?前の映像だったけど
いまも毛布を送ったり水に恵まれない地域に井戸を送ったりしているそうです

井戸は、このあたりではひとつ ¥25000 で提供できるそうです

あらためて、地球のコトを考えるいい機会になりました
さっそく『できること』からはじめよう

なにができるかな…と思ってくれた方はコチラ オレンジ矢印下オレンジ矢印下

この、講演会が決まったときに
RINが学校からもって帰った『豪快な号外』っていう新聞に
夏至の日のキャンドルナイトのことがでていました
それを少しだけ記事にしていたら
ふくままがひろって、blog.の記事にしてくれたこともあったよね芽

そんな小さなことからでもいいみたい

もう少しホンキで考えて、前に進もうと思ったのでありました

P1000692.jpg

スポンサーサイト



独りゴト   Comments(4)   Trackbacks(0)
プロフィール

みか

Author:みか
誕生日 :9月21日
血液型 :B型
家族構成:だんなサマと息子
出身地 :大分

ようこそ♪
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
コメント ありがとう♪
データ取得中...
おともだちblog
メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
月別アーカイブ
参加しています♪

sora_2.jpg

素材をお借りしています

topillust-12.gif

fuwa_b.gif

nbn1.gif

ブログ内検索
RSSフィード
Powered