シアワセ☆のしずく

毎日のできごとから小さなシアワセをみつけて前向きな気持ちになれますよ~に♪ 日々成長する我が息子のこと、だんなサマのこと、仕事のこと、将来の目標… 忘れないように、怠けないよう…自分のための確認作業

TOPスポンサー広告 ≫ 屋久島・2日めTOPおでかけ ≫ 屋久島・2日め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

屋久島・2日め

今回の旅の目的 『 縄文杉 』 へ

初日同様 4時の起床
フロントで朝と昼のお弁当を受け取って出発

荒川登山口というところが 縄文杉の入り口となってるんだけど
3月~11月のあいだは 一般車両は乗り入れ禁止となっていて
ホテルから程近い 『 屋久杉自然館 』 からのシャトルバスに乗車
料金は往復 オトナ\1700 事前にホテルでチケット購入しておきます

バスに乗るときは まだまだ暗かったけど
片道40分の バスに乗っている間にすこしづつ明るくなってきました

登山口に到着して まずは朝ごはん
柔軟ストレッチをして トイレをすませ
…今回、心配事のひとつがトイレ
 登山口から縄文杉までは全部で3箇所トイレがあるんだけど
 どれもトイレットペーパーもあるし 安心して使えました
 今まで登った山のトイレとは大違いで 助かりました…  

いざ!!出発!!! 

と~にかく 朝はキモチいい 

P1020656.jpg

橋を渡り、こんな感じのトロッコ軌道を まずは歩きます

小さなトンネルを抜けたり、周りの植物を楽しんだり
おしゃべりをしながらまだまだ余裕のあたし

山桜やソメイヨシノ 芽吹きはじめた緑がとってもきれい

P1020655.jpg P1020658.jpg

サクラつつじ と マムシ草?

サクラつつじはいたるところで見ることができました
淡いピンクの優しい花 
マムシ草は 特に根っこの辺りはホントに蛇みたいな模様でキモチ悪い感じでした

トロッコ軌道の登山道は 2月の強風で一部が不通になっていて
改修はされてきてるみたいだけど 迂回路を通らなければいけません

それが 15分くらいのロスタイムになるんだけど
山の中に鉄筋で階段を作っていて まだ体力のあった行きはアスレチック気分
でも、帰りにはおっそろしくあたしを苦しめることになりました 

P1020661.jpg

途中 きれいな沢にかけられた橋をいくつもわたります
景色がきれいで流れも気になるけど
高いところにかけられてるし 結構隙間だらけで
見とれると落ちそう 

赤いジャケットがRIN

いちばん身軽で 元気です ♪

P1020667.jpg

途中ほどよく休憩をしながら 2時間ちょっと歩いたら
トロッコ軌道と別れて 本格的な山道になります

この入り口の階段が またまたとってもつらい 

このあたりから なんとな~く 左足の付け根に違和感を感じ始めるあたし

縄文杉じゃなくても 途中には立派な杉の木がたくさんみられます

30分ほどあるいたところにあるのが ウィルソン株

空洞になった株の中に入って見上げると  が見えるって
有名な株です

…いいとも増刊号で モデルの香里奈ちゃんが屋久島の話をしてました
 タイムリーでうれしかった 

…で、これがあたしがとった  です

P1020678.jpg

…どうかな?

うまく撮れるポイントがあるんだけど
ガイドさんをつけてないあたしたちは 前のグループの動きを見ながら
真似して コソコソ?移動 

教えてもらわないと ちょっとわかんないかなぁって思いました

ウィルソン株で、なんとなく気分転換と元気が出てきて
いよいよ縄文杉も近づいたかなぁなんて
期待しながら ガイドブックをみたら

まだまだ この先1時間半近くかかる 

しかも『 キツイ上り坂を進むと… 』 なんて書いてあるし… 

ごつごつして どこを踏んだらいいのかよくわからないような山道と
根っこを痛めないように…という配慮からつくられた
木の階段を せっかく登ったと思ったら 今度は降りたりを
何度も何度も繰り返し 

P1020696_20100405084139.jpg

このへんになると 左足をかばってたせいか

『 なんだか、右足も痛いかも… 』 なんて気になり始めるあたし

それでも、湧き水が流れるところを歩いたり
冷たい水に触ったりするのは とっても心地よく

すれ違う人と場所を譲り合い、声をかけあい 励ましあい 

あたしがよっぽど 死にそうな顔をしてたんでしょう
すれちがう方が 『 がんばれ!!あと2分30秒!! 』 って声かけてくれて
涙がでそうになりました

そして、出発して 4時間20分

ついに ご対面 



   P1020689(3) - コピー




正直 あんまり記憶がない…

縄文杉が近づくにつれ ガスがでてきて
すこ~し 霞がかかった感じの とにかくとにかく 大きな杉の木

大きさに感動するよりも

『 あ~ 会えたぁぁぁ~~ 』

…帰れるぅ  って 

幻想的で なんともいえない存在感

樹齢は7200年以上
幹の高さは25メートルくらい
根っこを痛めないように 展望台が設けられてるんだけど
あまりに大きすぎて
写真では全貌がおさまりきれません!!!

…でも、あたし ホントに全部見たかしら…なんて程度の記憶

それが この写真をみながら しみじみ 心残り 

…でも、もう2回目は …いいです 

縄文杉を眺めながら お昼を食べよう!!って思ってたけどそこまでのスペースがなく
その先に山小屋があるらしいんだけど 10分ほど先らしく
ゴールまで 往復20分離れるなんて あのときのあたしには考えられず
そのまま 引き返すことに 

木を使って組み立てた ほどよい休憩スペースがいくつもあるので
そこで お弁当をいただきました

ガイドさんがついてると、このタイミングであったかい飲み物が出てくるみたい(笑)
ちょっとうらやましかったです 

山のガイドさんに関しては あたしたちは別に頼みませんでした
理由は、ただ家族でのんびりしたいから
ルートに関しては なんの心配もありませんでした

確かにいろんな話は聞けるかも

あと、あったかい飲み物が飲めます 

ご飯を食べながら 『 この調子なら、3時のバスに乗れるねぇ 』 なんて
話してたんだけど
結局 乗れたバスは4時

このあと あたしが一気にペースダウン 

右足のひざが ほぼ曲がんなくんっちゃって 

痛くて 痛くて 下向いて歩いてたら
迂回路の 頭上注意に気がつかず 思いっきり頭を強打!!!

情けないのと 痛いのとで ホントに涙が出てきて
鼻水もズルズル 

最後はRINに リュックを背負ってもらって バス乗り場に たどり着きました 

バスのステップも上がれないほどだったけど

『やり遂げた感』 は いっぱいの 縄文杉登山でした

今回 しみじみ思ったのは
自分の体力のなさ…だけど
それよりも RINと甥っ子☆雅の たくましさ

このまえまで 我が家でいちばん頼りないのはRINで
『 RINにできるかな 』 『 RINは大丈夫かな 』 なんていってたのに
そんな心配はもう必要ないのかなぁって

さみしくもあり うれしくもあり

夕飯食べながら
『 みか姉ちゃんおらんかったら、2時半のバスに乗れたなぁ 』 って
甥っ子に言われたときは 軽く凹みましたけど 

あと、雨にあわなかったことが すごくうれしかった

屋久島には 九州最高峰の宮之浦岳って山がありまして
そのせいで雲を集め 雨が多いことでも知られてます 

『放浪記』で有名な林芙美子さんが ひと月に35日雨が降る って小説に書いてる島

特に春先ってどこも雨が多いから 今回とっても心配してましたが
おかげさまで そんなこともなく歩ききることができました

往復9時間ちょっと 距離は 20キロ

女の人の歩幅で およそ40000歩だそうです、がんばりました 

この日の 夕ご飯は

さつま黒豚のしゃぶしゃぶや 黒豚の角煮
トビウオのお刺身 きびなごや山菜のてんぷら などなど…

だんなサマは 地の焼酎のロックで 毎晩ご機嫌 

P1020699.jpg

〆は トビウオのお茶漬け

カラダ ボロボロで 痛くて 眠れなかったけど 
それでも 大満足の屋久島2日めでした


おでかけ   Comments(8)   Trackbacks(0)

Comment

でこ URL
いきたいんだよね~
でも・・・運動神経0の私
行くには 体力つけてからじゃないと無理だろうね~ ユウちゃん バレーやってて あの若さでも
大変だったみたいだし・・・

やっぱり いい?
行くときが 時期っていうし その日がくるのか?
お疲れ様でした~きっといい年になるね♪
2010年04月06日 (Tue) 20:50
ためち URL
みかちゃん~頑張ったねv-392v-91
屋久島か富士山、どちらか一生に一度アタックしてみたいんやけど・・・
長崎の坂でへたばってるv-356私にはキビシイかのぉv-389
2010年04月07日 (Wed) 10:13
みか URL
>でこちゃん
すごくいいところ 楽しかったよ
是非、是非 元気なうちに(笑)行ってみて!!

あのお方は縄文杉ともののけの森の両方を
散策してるんだよね~
…あたしははありえない i-241
全く無理でした
2010年04月08日 (Thu) 21:08
みか URL
>ためち
長崎の坂…i-229
う~~ん トレーニングして是非行くべし!!
あたしは富士山は未体験だけど
屋久島ってね 周りの環境っていうのかなぁ
いわゆる山のあ~いう登山道とは全く違うよ

いつかチャレンジしてみてねi-236



2010年04月08日 (Thu) 21:12
けん URL
学生の頃、宮ノ浦岳のぼったなぁ。

金がないので麓からオール歩きで。

しかも前日階段踏み外して左足の半月盤痛めてしまってえらく難儀したよ。

屋久島の山は急だから想像より遥かにきつかったでしょ(^_^;)
すぐガスでるし。


下山して次の日に地元の接骨院に行き、予定切り上げて帰ったっけ…。

俺ももう登るんは無理かな(苦笑)

なんにせよお疲れ(^o^)/
2010年04月09日 (Fri) 07:40
ふくまま URL ≫ EDIT
私には絶対にムリっ
沢にかかる橋も絶対にムリ下が見える橋なんて腰抜けてしまうわあ

四十肩がいつの間にか治ったと思ったら最近は右の股関節が痛くて女座りもできないのよ
こんなんで山歩いたりしたら二度と帰ってこれないわ
2010年04月10日 (Sat) 21:41
みか URL
>けん
麓から…?
けんの屋久島デビューはずいぶん豪快なのねi-229
もともとが田舎暮らしだから
自然に感動!!ってのは正直なかったけどねぇ

いいところでした
2010年04月10日 (Sat) 21:46
みか URL
>ふくまま
あら?高いトコダメなの?
行きは足がすくんだけど
帰りは疲れすぎてて、それさえもどうでも良かったよi-229

ましゃライブでは、痛みも気にせず
あがってるみたいだったからi-278
早く痛みを忘れるようなライブをしてもらわなきゃねi-236
2010年04月11日 (Sun) 10:54














非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

みか

Author:みか
誕生日 :9月21日
血液型 :B型
家族構成:だんなサマと息子
出身地 :大分

ようこそ♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
コメント ありがとう♪
データ取得中...
おともだちblog
メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
月別アーカイブ
参加しています♪

sora_2.jpg

素材をお借りしています

topillust-12.gif

fuwa_b.gif

nbn1.gif

ブログ内検索
RSSフィード
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。